忍者ブログ
いいんだよ。昨日までのことは。
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

気づいたらにやついていることがある。自分で思いついたことに笑ってしまうのだ。冷静になって考えてみるとじぇんじぇんおもしろくないことだが、思いついたときはひとりで薄ら笑いを浮かべている。傍から見ればたぶん・・・・というか絶対に薄気味悪いが、こういった薄笑いをひとつひとつ紡いでいけば幸せな暮らしとよべるのかもしれない。

電磁パルス攻撃か。ゲームをしているときに突然パソコンが落ちるようになった。GPUの温度表示は臨界点を超えている。メルトダウンが起こるかもしれない。これは北京かモスクワの陰謀だろうか。
そのせいで予定していたUT3紅白大会の出場をキャンセルすることになってしまった。
僕の代役として945氏に出ていただいた。氏の善意がなければ、僕はUT3界から抹殺されていたであろう。氏には深く感謝しなければならない。
詳しいことは僕にはわからないが、今回の紅白大会はなかなかの熱戦だったようだ。1objectのブログによれば、ふらんす画伯からGOMIに対する評価が少し上向きになったことがうかがえる一言があったらしい。
風の噂によれば、次の紅白大会は5対5のRA戦という。その頃には電磁パルス攻撃はおさまっているだろう。

「世界人類が平和でありますように」と書かれた札をよく見かける。どれも同じ筆書き風のいかめしい文字で書かれ、中華料理屋のガラス扉やミシン屋の前にある薄汚れた電柱、ぼろぼろになったブロック塀などに貼られている。何かの宗教活動だと思うが、ふとした拍子に「世界人類が~」が視界に入ってくるとビクっとしてしまう。
そのうちいたるところに貼られて行き、例えば出前ピザが入っている紙箱の底に貼られていたりするかもしれない。ピザを一切れ食べるごとに「世界」や「ように」などの文字があらわれはじめ、食べ終わる頃に例のいかめしい筆書き文字が浮かび上がるのだ。あるいはレントゲン写真を撮ったら右肺が世界人類の平和を主張していることもあるだろう。さらには卵を割ったら例の札が黄身とともにぬらりと出てきたり、もしくは・・・・・。また薄笑いを浮かべてしまった。

PR
カビが生える季節になりました。テーブルに置いておいた食パンにカビが生えロールシャッハテストにでも使えそうな模様が描かれていました。私にはそれはただカビの生えたパンにしか見えませんが、何かほかのものに見えてしまう人もいるかもしれません。

先週末から今週末にかけて、UT3のデュエル大会が催され、前回の記事でぼんやりとお伝えしたとおり私もこの大会に出場しました。
左脇えぐりこむようにフラックキャノンで相手を粉砕、kouei39ショットでヘッドショット連発、大会後「まあsenzryさんも上達したんじゃないですか」と言われる大活躍ができればと試合前にはほんの少し考えていました。ブラジリアン柔術、カポエラ、コマンドサンボなどの格闘術を駆使し不良をボコボコにするというような虚弱少年が好む夢想と同じです。そんなものは漫画的表現をすれば、頭の上にぽわぽわと浮かんだ雲状のフキダシに描かれたメルヘンに過ぎません。
現実は虚弱少年にも、かつて虚弱少年だった私にも厳しいものです。実際には虚弱少年は不良と目が合っただけで意味もなく震え、UT3での私はフラックで四散し、リンクガンで骨となり、ショックコンボの渦に吸い込まれ、いくつ頭があっても足りないほどヘッドショットされ、0勝7敗というやる気のなさそうな記録を打ち立てるのです。
UT3のことではありませんが、私にはできないこと、やれないことがあまりにも多く、そのことに気づかされるたびに挫折感を味わいます。いろいろなことが重なるとオーティスの歌にあるように、桟橋に座って船の往来を眺めることしか自分にはできないのではないかと思えてきます。しかし、弱音ばかりでは何も始まらないので、もう少し自信を持ち、UT3では誰にも勝てなかった私にも誰にも負けないものがひとつくらいはある・・・・・ということにしておきます。
ちなみに1objectが6勝1敗で二位、トータルスコアではトップだったんだとか。ふーん。
「ウォッチメン」というアメリカの漫画が面白かったので、1objectに薦めてみたところ、「あんたボッチメンじゃん」と薄ら笑いを浮かべながら言われました。心の瑕疵をえぐられたような気もしますが、なかなかうまいことを言うなと感心する私は少し大人になったのでしょうか。

さて、「ボッチメン」の私はUT3のデスマッチ大会「殺戮王決定戦 第二章」に参加しました。前回大会はTF2の大会が重なったこともあり、GOMIから参加したのは私だけでしたが、今回はお馴染みのGメンと一緒でした。
前回大会で、私は最下位でしたので、今回は下から二番目くらいを目標に挑みました。結果は見てないので知りませんが、威張れたものではないでしょう。
他のGメンは、エリスは二回戦でトップになり、上位戦に進出、1objectは総合三位、丸腰さんはそこそこと、私が下のほうで浮いたり沈んだりしているのとは対照的に「まあ、GOMIさんも上達したんじゃないですか」と言われただけのことはある活躍だったと思います。特にエリスは風邪で体調が悪い中、大会を盛り上げるために参加してくれたので、そういったところにも頭が下がります。

UT3をはじめて一年くらい経つ私ですが、どうにも上達できず、後から始めた人たちに軽々と追い越されてしまいました。もの覚えの悪さがこんなところにも現れているのかな、と自己否定的な感情が頭をもたげたりしますが、もうこれ以上は下になることもないので、次はデュエル大会に参加します。

最後に「ウォッチメン」にあった小話をうろ覚え気味ですが、ボヤ~っと紹介しておしまいにします。
以下、精神科医と男の会話。
男:先生、私はとても孤独で寂しいんです。
精神科医:この街では誰もがそう感じる時がありますよ。そういう時は皆さん、ピエロのジョージのショーを見に行かれます。私も昨日、妻と見に行きました。とてもおもしろかったですよ。あなたも今晩あたり見に行かれてはどうですか?きっと気分も晴れます。
男:先生、私がそのピエロのジョージなんです・・・・・。
少しばかりここの更新を怠けてしまいました。私のGOMIでの唯一の役割が公式ブログであるここの更新作業ですので、これを怠けてしまうのはGメンとしての私の存在価値を危うくする自殺行為です。
それがわかっていながら怠けてしまったのは、こんな事を書いてもいいだろうか、と考えすぎてしまい書いては消すの繰り返しだったからです。あまり考えすぎると結局伝えたいことも伝えられずに終わってしまうという苦い経験をまた積み重ねるだけなので、少し勇気を出して明るく振舞いながら最近のGOMIの出来事を記したいと思います。

ここのところGOMIではUT3が活動の中心となっているようで、毎月恒例の紅白戦参加はもちろんのこと、先日は初のクラン戦も行いました。そんなUT3での活動を記憶が消えないうちにメモとして残しておきます。
・UT3第9回紅白大会 War Fareリーグ参加
3チームによる総当り戦。GメンはAチームとして参加。NPUさん、rabittaさんの指導のもと試合を行ったが、GOMIの力不足で残念な結果に。GOMIチームを支えてくださったお二人には感謝と同時に申し訳ない気持ち。
大会終了後、大会主催者からいただいたお言葉「まあ、GOMIさんも上達したんじゃないですか。」
・UT3 初クラン戦
まずUT3にもクラン戦があることに驚き。対戦相手はWLTG。試合ルールは3対3のTDM、二試合行い試合ごとに一名選手交代、FFあり。結果全敗。初めてだから仕方がない。きっと次はうまくやるさ。たぶん。
・デュエル
国内トップUterのTuzikazeさんとVoxxxxさんの試合をGメンと観戦。お二方ともGOMIとは住む世界が違うのか、私の持っているUT3とは違うゲームをしているように思える。GOMIでは上級者の1objectもお二人の前にあっては砂場で遊ぶ子供にしか見えない。
エリスはTuzikazeさんのファンになったらしい。やはり強いというのはただそれだけで魅力的なことなのだろう。力道山しかり戦艦大和しかり。そして、それは私がけっして持てないものの一つ。

以上、大雑把にまとめてみました。他にもいろいろあったようにも思いますが、うまく思い出せないのでこの辺にしておきます。
そういえば棚に置いておいた食パン一切れがいつのまにかマーブルパンになっていました。食パンマンもほっておけばマーブルパンマンになるということでしょうか。

今日の記録を適当に水増ししながら書いてたら、手元がすべって全部消えちゃった。べつにいいもん。どーせ、くだらない文章だったし、67億の人類にとって何かの喪失があるわけでもないから。がんばれ、俺。

そういえば、1object君に「ブログおもしろいからもっと更新して」なんて言われた。意外なところから意外な反応が来ると正直戸惑う。彼曰く最近の某有名人気ブログの10倍はおもしろいんだとか。
ここの文章に僕が仕掛けた笑いなんて、誰にも発見されないか、例え見つけてもらえたとしても、片方の頬がピクリと動けばいい方なので、最近の某有名人気ブログはそんなにつまらないのかなんて、逆に思えてしまう。がんばれ、某有名人気ブログ。

はい。くだらない前置きを書いてしまいましたが、一応、ここは形式上はGOMIの公式ブログという役割を担っているので、GOMIの活動を書いておきます。
*UT3
第八回紅白大会にGメンが参加しました。今回の紅白大会ではInsta gib ミューテーターを使用したCTFルールでの試合が、6チーム総当りで行われました。私が参加したFチームは5名中4名がGメンという、GOMIとまでは呼べないが、GOMとは呼んでもいいかなというGOMI濃度の高いチームとなり、GOMIとして参加した前々回のチームデスマッチ大会を思い出しました。
大会結果は二勝三敗で4位と惜しくも入賞は逃しましたが、最下位ではないというのがGOMIとしては嬉しい結果だったのではないでしょうか。試合内容自体も熱いものがありましたので、私含め参加したGメンにとって満足のいく大会だったと思います。大会運営者様、また何かありましたらGOMIを呼んでください。いや、呼ばれなくてもいきます。

*L4D
ご存知の通りアップデートに伴いサバイバルモードが追加されました。これが中々評判がいいので、GOMIBUKURO L4Dは基本的にサバイバルモードにしました。通常のcoopモードや対戦モードにしたい場合はrcon操作で変えてください。

ふう、おもしろいなんて言われると何を書いていいのか途端にわからなくなって、手元がすべって全部消しちゃうんだよな。

論破開始
冷蔵庫に放置してドロドログダグダになったもやしを調理する具体的かつ現実的な方法を答えてください。OK?


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[08/15 ersu]
[08/15 NONAME]
[08/12 たいつ]
[06/30 1object]
[06/09 erisu]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
GOMI
年齢:
9
HP:
誕生日:
2008/04/13
バーコード
ブログ内検索
カウンター